ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

ムスッコ成長レポート③Twitterから移行するから振り返る③

4コマなのに文字数が多い

f:id:mskprpr:20170402145855j:plain

 f:id:mskprpr:20170402145902j:plain

f:id:mskprpr:20170402145910j:plain

f:id:mskprpr:20170402145918j:plain

実母

こんにちはママママママッマ (id:mskprpr)です。

 

これは私の心の中だけの話ですけどね。

私の実母はなんというかとても過干渉な人なんです。子供のためならなんでもするっていうのがちょっと行き過ぎてしまうというか。

 

例えば、道を歩いていて泥がはねて服にペチッとついたとしますね。

私の中の母親像っていうのは「帰ったら洗いなさいね」くらいのさらっとした感じなんですが、実母は「大変すぐ脱いでよこしなさい洗ってあげるから!」っていうタイプ。それも道端だろうが関係なく、その場で脱がそうとする感じです。

 

こちらが「こんなとこじゃ脱げないしそのくらい自分でやるわよ」って言うと、ようやく『あ、そうか』と気づくんですが…。

 

実父がとんでもない屑だったので、実母はまだ私達から「子離れ」できてないんだろうなということはわかります。そしてそれを放置してきた自分にも責任はあるんでしょうね。

 

初孫はかわいい

そんな実母ですが息子のこととなると余計に過干渉になってしまったようで、2週間程身の回りのお世話をしに来てくれた間、毎日毎授乳の度に「おっぱい出てないんじゃない?マッサージしようか?」と言ってくるような状態に。

 

流石に途中から相手にするのも、「大丈夫」というのも疲れてしまって、遂に限界を迎え…。

お恥ずかしい話ですが「いいって言ってるじゃあああああん」と、30越えたいい大人がみっともなく泣き喚いてしまうっていう…。

 

普段滅多なことで泣かない私が泣いたもんだから、実母はすごく驚いてました。驚いていたというか怯えてました。いやー我慢の限界ってもんがあるんですよ、うん。

 

嬉しかったこと

f:id:mskprpr:20170402145928j:plain

f:id:mskprpr:20170402145935j:plain

f:id:mskprpr:20170402145942j:plain

f:id:mskprpr:20170402145950j:plain

 

主人の父性

育児書を見ているとよく目にするようになるのがこの「父性」という言葉です。正直うちの主人にはあまり期待していなかった部分ですね。彼は良くも悪くも自由な人だし、気分屋さんだしと思っていました。

 

でも実際は本当によくやってくれて、妊娠中にも切迫流産になってしまって動けない私のために家事をやってくれたり、ご飯を作ってくれたり。それはもうそれまでの彼はいったいどこに行ってしまったのやらといった働きぶりでした。

 

息子が産まれてから帰ってきて「ただいま」を言うのはまず息子です。妻としてはちょっとだけ淋しいけど、母親としてはとっても嬉しく思います。8ヶ月すぎた今でもそれは変わらずです。そこも嬉しいことですね。

 

睡眠

しっかし睡眠って大事ですね。

この頃から余裕が出てきたなと思います。今3ヶ月目までのサイクルと同じことやれって言われたら全力で拒否しそう…と思ったけど…いや、もう一人産むならそれもありだなぁ。

 

私は元々睡眠の質が浅いんですが、それは功を奏したなーと思います。

主人は一度寝たら起きない人なので、息子が泣いていてもよっぽどひどい泣き方をしていない限りは起きません。いや、起きてるんだろうけど普段は私に任せてくれてると言ったほうが正しいでしょうか。

 

そんな主人ですが息子が咳をしたり苦しそうにしていたり、地震が起きて家が揺れている時などは私よりも先に体を起こしてこちらを気遣ってくれるので、そういう意味でも父性を感じますし、夫としてとても頼りになる人だなと思っています。

 

まあ、本人には言いませんけどね。