ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

マウンティング女子と思考停止

「マウンティング女子が嫌い」

こんにちはママママママッマ (id:mskprpr)です。

 

 

マウンティングってもう馴染みの言葉ですよね。少し前に流行った「ファーストクラス」というドラマの中でもマウンティングという言葉を頻繁に使っていたこともありネット上だけでなく認知されたなあといったところでしょうか。

f:id:mskprpr:20170403222311p:plain

そんなマウンティングに少し。

 

 

マウンティングというのは本来動物が自分の優位を示すために馬乗りになるような攻撃的な一面のことを指します。人間関係においては相手を見下したり、「自分の方が優位」とか「自分の方が幸せ」と勝手に格付ける行為のようです。

 

マウンティング女子というのは脳内で格付したことを主張してきたり、はっきりと口にしないまでもアピールしてくるような存在のようです。最近はTwitterなどのTLでも「マウンティング女子嫌い」といった内容が流れてくるし実際自分も使っていました。

 

「マウンティング女子が嫌い」と言うこと

f:id:mskprpr:20170403213922p:plain

で、ちょっと考えていたんですね。マウンティング女子が嫌いっていうのは多分誰しもが思っていることだよなって。だって誰だって見下されたいって自分から思わないじゃないですか。そりゃまあ、そういう趣味趣向の人は抜きにしてね。

 

で、「マウンティング女子が嫌い」って言う時の心理ってなんだろうなって。私自身も使ったことがある言葉ですがどんな気持ちだったかなって考えてみたところ「自分は違う」っていう気持ちが入ってるんだなって気づいたんですね。

 

「自分はマウンティングをする女じゃないですよ」ってことを相手に、もしくは不特定多数の誰かに伝えたいと思ってSNSで発信したような気がするし、使ったタイミングってマウンティングされた直後もしくは思い出したとかじゃないかなって。

 

私だけかもしれないから皆に当てはまるかどうかわかんないけど、私の場合はきっとそういう時に「こいつと自分は違う」って意味で使うか「クソみたいな性格してんなこいつ」って相手をバカにする時でしか使わないだろうなと思うんです。

 

喧嘩は同じレベル(土俵)の人間でしか起こらない

f:id:mskprpr:20170403224428p:plain

この歳になってくると誰かと誰かが仲違いしたって話になると中学生みたいな喧嘩なんてそうそう無いから最終的には大体「どっちもどっち」とか「喧嘩は同じレベルの人間でしか~」って結論に至ることが多いんですよ。

 

だから「マウンティング女子嫌い」ってことを自分の脳内で終わらせることができなくて誰かに伝えた時点で自分もある種「マウンティング女子」になってるんじゃないかなって思うんですね。男の人なら「マウンティング男子」ですかね。

 

そうなってくるともう何も言えないじゃんって思うかもしれないんですけど、言うのは勿論自由で良いと思うんです。私も多分これからも「マウンティング女子嫌いだわー」って誰かに言うでしょう。

 

でもそれで「自分はマウンティングとかしない性格いいやつ」って思いながら使うのはちょっと高飛車じゃないかなと思って、自分に言い聞かせるという意味も含めて記事にしておこうと思った次第です。

 

みんなが使ってるから

中には「みんなが使ってるから」とかそこまで考えずに使っている人もいると思うんですね。実際私も特に考えずに使うし、なんならもっとひどい暴言も吐きます。ネットだから何言っても自由だと思うけど、それを見た人がどう捉えるかも自由だと思います。

 

だからこの記事を見てめっちゃくちゃ不快になる人もいれば、そう言われてみれば、、、と自分の発言を見直す人もいると思うんですよね。どっちかっていうと後者の人が少しでもいてくれたらいいなって思ってます。

 

最近「マウンティング女子嫌い」という言葉を安易に使いすぎているんじゃないですかね。実際問題クソほどうざいマウンティング女子はいるけど、過剰反応してしまうとそうじゃない人までマウンティング女子認定されていく流れができますよね。

 

そういう風潮になってほしくないなと思うのです。別に女の発言権をとか的外れなことを言うつもりはないです。思考停止して「マウンティング女子ガー!マ○コガー!」って言っちゃうのは違うよねえって思っただけです。

 

いや、本当自分の為に書いてる記事だなって思います。もっともっと自分を戒めていこうと思います。