ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

セクハラとパワハラで辞めることになった前職の話17

お母さん

f:id:mskprpr:20170606215934j:plain

f:id:mskprpr:20170606215942j:plain

f:id:mskprpr:20170606222641j:plain

f:id:mskprpr:20170606222650j:plain

f:id:mskprpr:20170606222702j:plain

f:id:mskprpr:20170606222733j:plain

f:id:mskprpr:20170606222741j:plain

f:id:mskprpr:20170606222758j:plain

f:id:mskprpr:20170606222817j:plain

f:id:mskprpr:20170606222837j:plain

f:id:mskprpr:20170606222851j:plain

f:id:mskprpr:20170606222915j:plain

f:id:mskprpr:20170606222715j:plain

f:id:mskprpr:20170606222932j:plain

f:id:mskprpr:20170606222954j:plain

f:id:mskprpr:20170606223008j:plain

f:id:mskprpr:20170606223020j:plain

f:id:mskprpr:20170606223032j:plain

f:id:mskprpr:20170606223049j:plain

f:id:mskprpr:20170606223105j:plain

 

こんにちはママママママッマ(id:mskprpr)です。

 

N田さんから無視されていたわけですが、無視だけならいいんですけどね。

「聞いた話を聞いて無かったことにする」

これ小売店では絶対やっちゃダメです。

 

まぁ小売に限らずしないほうがいいに決まってますが、小売の場合お客様に関わる連絡が多いんですね。

 

もちろん売り場変更などの小さな業務連絡もあります。(例えばレイアウト変えてねとかそんな小さいもの)

 

しかしどんなに小さくても、その連絡が一つ遅れるだけで業務の効率が下がりますよね。そうするとその業務に関わらなければならない時間が増え、結果的にお客様を接客する時間が削られます。

 

すると売り逃しにも繋がりますし、お困りのお客様に気づけ無いなんてことも起こります。例え嫌いなやつにしていたことだとしても、直接お客様に迷惑をかけているのと同義です。

 

と、私が小売の世界に入った時にこの業務連絡、報連相を当時の先輩に叩き込まれました。

 

そういった理由からこの行動は自身がセクハラされることよりもむかつきましたね…。

 

おかげでI田さんがボロを出してくれたのは思わぬ収穫でしたが。

 

この店にはフロアチーフが4人います。なんとN田さんもフロアチーフなんですが

ここで出てきたチーフとは殆ど接点が無かったので、完全にこちらのいざこざを楽しんでいるというのはわかっていたのですがとてもありがたかったです。

 

I田さんに関してですが、N田さんとの関係がバレて、私へのLINEで「ぱいぱいちょーらい」とN田さんが発言してから、密かに「お母さん」と呼ばれていたことは知っていたのですが…

 

まさかこんなところでぶっ込んでくるとは思わず相当焦りました。

 

今でも鮮明にあの時の空気を思い出すことができますが、やっぱちょっとニンマリしちゃいますね。

 

店長

さて、コメントで

なぜ店長になれたのか気になります。

というコメントを頂いたのですが

管理の場所にいちゃいけない人を管理にすえるのが日本のキャリア設計の酷いところ

と、まさに言いたいことを言ってくれてる人がいました。

 

そうなんです。

どうしてこんなのが店長になれるのか?

それは今の小売のシステムというか、会社の仕組みにあります。

 

私はこれまでに小売の会社で大小合わせて3社+αを経験してきたのですがどこの会社も同じような感じでした。

 

まず上層部が基本的に動きません。人事的に、という意味です。

ポストがあかないので働けど働けど昇進しません。

 

激務に、サビ残、昇給なし。

*1

 

 

そうなってくるとこの職種に限界を感じた人から順に抜けていきます。

代わりに抜けた穴を埋める為に人を雇いますが、新人なので教育しなければなりません。

 

定年を迎えた重役ポストがあくと、仕事ができる人間がそのポストに付きます。

 

そして今度はその人間のポストに2番目に仕事ができる人間が入ります。

 

そうして繰り上げて繰り上げていってようやく「激戦区ではない店」の店長ポストがあきます。

 

そのポストにも仕事ができる人間順にあてがわれるはず…

ですが、もう仕事できる人間とか、ビジョンを持ってる人達は小売りから見切りをつけて出ていっていたりするんですよね。

 

それか上に気に入られて本部に引き抜かれたりしてます。

 

なので今は「上の意向に従ってくれて、長いこと勤めてくれてる人」が店長のポストにつきやすいのかなと思います。

 

これは完全に私が働いてきた中でそう思っただけなので、そうじゃないとこもあるかもしれませんが…。

 

店長はそういった意味で従順で長いこと勤めてるけど中身のない人なのかなーと勝手に思っていました。

 

 

スタッフが勝手に動く!楽々店長になる コミュニケーション講座 [DVD]

スタッフが勝手に動く!楽々店長になる コミュニケーション講座 [DVD]

 

 追記ですが

このシリーズが終わったらはてブコメントを順番に返していこうと思います。

IDコールもするかもしれません

 

 

*1:サービス残業はしませんとホワイトであることをアピールしても、その実完全にサビ残がないところはあまりありませんでした。

 

というのも経費削減で残業代を出したくないので、上から残業するなとお達しがでます。

 

しかし業務量は変わらない(むしろ昨今の個人情報保護の強化などにより数年前より仕事量は増えていると思います)ので、残業しないでいるとどんどん仕事がたまっていきます。

 

その状態で「なんで終わってないの?」と上から圧力がかかるわけですね。

 

怒られないようにするには残業するしかない…そうなると"自主的にサビ残する"という選択肢が出てくるわけです。

 

もちろんサビ残を強制されてはいませんし、自主的にやっているのですから誰も止めませんよね。

 

そしてそれは「暗黙の了解」として浸透しているので、あまりハッキリ触れる上司はいません。

 

今まで転勤も含めて勤めてきた店舗の店長で本気で残業0を目指していたのはおそらく10人中2〜3人だったかなと思います。