ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

ムスッコ成長レポート56赤ちゃんの服を煮洗いしよう!

洗濯物ミステリー

f:id:mskprpr:20170826225852j:plain

f:id:mskprpr:20170826225856j:plain

f:id:mskprpr:20170826225904j:plain

f:id:mskprpr:20170826225909j:plain

こんにちはママママママッマ(id:mskprpr)です。

今回は息子は出てきませんが、一応それ関連で描きました。

 

息子の肌着が食べこぼしやヨダレなどで黄ばんでしまいまして、先日煮洗い用に寸胴鍋を購入したこともあり、いい機会だと思って煮洗いすることにしたんです。

 

タンスの中に入っていた息子の服の中で、黄ばみが強い服を選んで持っていったんですが、いつの間にか一着だけゴミ箱に…。

しかも最初に黄ばんでるから煮洗いしよう!と思った服だったので、見つけた瞬間にガックリと力が抜けてしまいました。

 

情けない話ですが、こういうことをよくやってしまうんですよねぇ。

もう少し注意深くなりたいもんです。

 

せっかくなので今回は煮洗いの方法も載せておきたいと思います。

 

煮洗いの方法と結果

用意するもの

洗濯物を入れられるくらいの大きめの鍋を用意します。

素材はステンレスかホーローが良いそうです。

私は先日煮洗い用に20Lの寸胴鍋を買ったのでそれを使っています。

iimono117 業務用 ステンレス寸胴鍋 20L 31cm

iimono117 業務用 ステンレス寸胴鍋 20L 31cm

 
洗剤

煮洗いは、洗濯用粉石鹸オンリーでやる方法と粉石鹸+酸素系漂白剤を入れる方法があります。

液体洗剤でも一応できますが、粉石鹸の方が洗浄力が強いので汚れが気になる場合はそちらを使ったほうが良さそうです。

 

無添加お肌のための洗濯用粉せっけん 1KG

無添加お肌のための洗濯用粉せっけん 1KG

 
【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体 1000ml

【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体 1000ml

 
トングや菜箸

洗濯物を取り出す時やかき混ぜるときに使います。トングの方がしっかりつかめておすすめですが、菜箸でも大丈夫です。

煮洗い出来る素材

綿・麻

沸騰したお湯につけることになるので、熱に弱い衣類は向いていません。物によっては変形や変色してしまったりもするのでしっかりと確認してから行いましょう。

分量

粉洗剤…………1Lにつき大匙1~2杯程度

酸素系漂白剤…今回私が使ったのは液体の酸素系漂白剤だったのですが、1Lの水に対して小さじ1杯を入れました。

 

方法

沸騰したお湯(粉石鹸や漂白剤を入れる前に沸騰させないと沸騰するまでかなり時間かかります)に粉石鹸を溶かして、その後漂白剤を入れます。

※漂白剤を入れる際に強火だと吹きこぼれるので火加減を弱めておきます。

 

全て溶けたら洗濯物を投下して15~20分煮込むだけ!

煮込み終わったら暫く放置して熱を冷ましてから2~3回水を変えてゆすぎます。

ゆすぎ終わったら絞ってそのまま干しても良いそうなんですが、私は洗濯機で洗剤なしで一度回して脱水してから干すようにしています。

 

この方が石鹸分が残らないそうなので、気になる方はそういった方法を取ってみてください。

 

さて、今回の結果はこちら!

息子の肌着の黄ばみを煮洗いするということで、洗濯前の黄ばんだ服の写真をとっておきました。汚くて申し訳ないんですが…。

 

絵柄も若干違うんですが、煮洗いする前はこのくらい黄ばんでたよーというのがわかってもらえると思います。

f:id:mskprpr:20170827000118p:plain

f:id:mskprpr:20170826230744p:plain

いやー…今見ても汚い!

お見苦しいところをお見せしました。

そして煮洗いして洗濯機でゆすぎ脱水して干したのがこちら。

 

f:id:mskprpr:20170826230751p:plain

まだ淵の部分はうっすら黄ばみが残ってますが、殆ど綺麗にとることができました。

 

というか実際鍋にかけてる時点で汚れはだいぶ落ちていたのですが、乾いてみるとより落ちた感じがしますね。

ちなみに、洗う前は少しツンとした匂いもあったんですがそれもなくなっていたので、これからまた黄ばみが気になったときや、服に匂いが染み付いてしまった時には煮洗いをやっていこうと思います。

 

「落ちにくい汚れがついちゃって捨てるか迷ってるッ!」という方は是非、煮洗いにチャレンジしてみてください。

 

今回はこの辺にしておきます。読んでくださってありがとうございました。

それではまた。