山椒は小さいけどむすぺろには辛い

むすぺろの趣味ブログ

1歳前の息子を連れて熱海旅行!

熱海旅行

 

こんにちは、むすぺろです!

f:id:mskprpr:20170414005621j:plain

 

熱海に行ってきました。

1歳前の息子を連れた長距離移動は今回がはじめて。

今回の旅行を思い出しながら振り返ろうと思いまーす!

 

旅行先の下調べはあんまりしないスタイルだったけど・・・

f:id:mskprpr:20170414015129j:plain

 

子供が産まれる前は全く気にしなかったのですが、今回の旅で後悔したことが一つ。

それは地理的な意味での下調べをあまりしてこなかったこと!

ちょっと信じられないんですけど、普段の生活でベビーカーを使うことに不便を感じたことがなかったので、それがいかに重要なことなのか考えてなかったんですね。

 

着いて早々目に入ってきた商店街も、お宿までの道も殆どが坂道!

しかも歩道もベビーカー1台がギリギリ通れる・・・というような道も多い。

 

 

慣れない土地だったので覚悟はしていたのですが、授乳できる施設も見当たらず・・・。

お宿でできればいいかなんて見通しが甘すぎました(反省)

 

授乳室検索アプリを使って調べてみたけど、定休日諸々で開いていなかったりということがあったので、下調べは入念にしておいたほうがよさそうです。

 

お昼ご飯:まご茶漬け

f:id:mskprpr:20170414184900j:plain

写真普通に撮り忘れたorz

 

今回熱海で初めて「まご茶漬け」というものを食べました。

 

「まご茶」というのは伊豆半島の郷土料理で、お魚を刺し身やたたきにして白米にのせ、お茶やだし汁をかけて食べるお料理です。

私達が食べたのはアジのまご茶漬けだったのですが、海の街なだけあって新鮮でお魚独特の臭みもなく美味でした。

  

食事したお店は熱海の有名店だったようなので一応お店情報も載せておきます。

機会があればみなさんも是非。

www.irorichaya.com

 

散策

お昼ごはんを食べた後は街中の散策に行きました。といっても私が「海~海行きたい~海見たい~」と駄々をこねたので海に向かって行っただけなんですが。

 

熱海の街を暫く下っていくとすぐに海が見えてきました。

f:id:mskprpr:20170414194317p:plain

旅行中全日程であいにくの空模様。

晴れていたらもっとキレイに写真とれてたんだろうなぁ。残念。

 

f:id:mskprpr:20170414194344p:plain

貫一お宮の像もばっちり見てきました。

サザエさんのOPを思い出す。

 

浜に降りてみるとこんな感じです。やっぱ海はいいですね !

天気が残念でも人がいたので、やはり観光地なだけあるなぁといったところ。

(地元の海は一人もいなかった。)

f:id:mskprpr:20170414194301p:plain

 

和田タバコ店

次に行った場所は旦那が行きたいと言っていた「和田たばこ店」。

外観の写真はこんな感じ。(中は撮影NG)

f:id:mskprpr:20170414211604p:plain

ゲームセンターCXで出てきたレトロゲームのお店らしく、旦那のテンションもわかりにくいけど心なしか上がっていたような・・・。

 

お店は駄菓子屋さんと普段は鍵のかかっているレトロゲームコーナーに分かれています。

今回お邪魔した際に鍵を開けてくださって中を見ることができました。

(ご主人ありがとうございました。)

 

ゲームセンターCXで見たピエロ人形のゲームを発見!

・・・はよかったけど、人形と音楽が怖いのwww 

ホラー苦手なのであんまり凝視できませんでしたが、面白かったです。

昭和な雰囲気も抜群によかった。

 

 来宮神社

f:id:mskprpr:20170415170912j:plain

来宮神社の御神木。

近くで見るとジブリ感が凄いんですが、この木の周りを一周すると寿命が一年伸びるという言い伝えもあるので、もはやジブリそのもの。

 

裏は川になっていてオシャレなカフェテラスがあり、涼しげでした。

夏は木漏れ日と川のせせらぎとで雰囲気良さそうだったので、今度来る時は是非立ち寄りたい。

  

トリックアート美術館・熱海城

f:id:mskprpr:20170415170415p:plain

少し小ぶりだけどしっかりと作り込まれた熱海城。

7階建てだそうで、息子がしっかり歩けるようになったら見学に行きたいなあ。

  

f:id:mskprpr:20170415170425p:plain

トリックアート美術館入り口。

お、おらワクワクすっぞ!です。

 

f:id:mskprpr:20170415170431p:plain

後は息子と旦那が写ってるので割愛。

しかし面白かった。

 

修善寺

f:id:mskprpr:20170415170402p:plain

まずは御手水

昔から神社仏閣やお寺さんとかの社寺建築が好きだったんですけど、一番最初は御手水が気になります。

ここは龍がいました。神々しい。

f:id:mskprpr:20170415171020j:plain

写真ちょっと暗い。 

f:id:mskprpr:20170415170606p:plain

この石灯籠とか変色してるんですけど置いてあるだけでカッコいいですよね。

細かい装飾も素敵ですがずっとここに置いてあるという歴史も素敵です。

 

修善寺周辺

f:id:mskprpr:20170415170438p:plain

f:id:mskprpr:20170415171153p:plain

一枚目は近くの竹林です。

遊歩道になっているのですが竹林があまりにも綺麗だったのでつい撮ってしまいました。

 

朱色の橋を渡り、遊歩道の始まるところまで戻り、さぁお昼ごはん!

・・・って近場のお店を見て回ったら、14時前に閉店するお店ばかり!

観光地あるあるですね(´;ω;`)

下調べしてこないからこうなるんじゃー!

 

大仁ホテル

 

二日目に泊まったところはこちら。

www.jalan.net

 

通されたのは離れの一軒家。 

それも物凄く歴史を感じる佇まいのお部屋です。

鍵が小学校の倉庫とかについてる回し入れるタイプの鍵でした。

↓こんなやつ

f:id:mskprpr:20170415191503p:plain

お風呂もバスタブ設置式じゃなくて、埋め込み式。

体を洗う場所より湯船が深く下がっている昔ながらの様式です。

最近古いお家に入ることがないのではしゃぎまくってしまいました。 

  

温泉もあって、たまたま人の途切れる時間に入れたのか、露天風呂も内湯も貸し切り状態で気持ちよかった~!

子供産んでからこんなに長湯できてなかったのでお湯を噛みしめるようにして入りました。実際は噛み締めてませんけど。

 

深海水族館

楽しい旅行も今日が最終日。

ほぼノープラン状態でたので、もう少しだけ観光して帰ろうということになりました。

 

で、行ったのがこちら↓

www.numazu-deepsea.com

 

写真は撮ったんですけどやっぱり息子とか主人とか自分とかもろもろモロ見えなので、一番のお気に入り写真を絵にしました。

f:id:mskprpr:20170417121316j:plain

タカアシガニを目の前にして「うまそうじゃん」とよだれをたらす息子。

 

 

お義父さんがラブカをブブカと言い間違えるので、お土産屋さんでは頭の中がラーメン一色だったことも忘れないようにここに書いておきましょうね…

 

 ちなみに息子にはこのぬいぐるみを買いました。

海中散歩 おともだちビーンズ ぬいぐるみ チンアナゴ 高さ15cm

海中散歩 おともだちビーンズ ぬいぐるみ チンアナゴ 高さ15cm

 
ぬいぐるみ 深海生物 メンダコ S

ぬいぐるみ 深海生物 メンダコ S

 

 

沼津バーガー

水族館を出るとすぐとなりにある沼津バーガー。

深海魚バーガーセットを頼んで待つこと数分。

「深海魚」というシールが貼られたハンバーガーとポテトの入った籠が出てきました。

 

名前からしてとんでもなくクセがありそうなんですが、予想に反してあっさりした白身のフライが挟まってました。

ちょっと歯ごたえのあるフィレオフィッシュって感じ。

ネタ的にもっととんでもないものが出てきたら面白かったんだけどな(こいつ) 

 

オススメです( ◜௰◝  )

www.hotpepper.jp

 

 

 帰宅

その後帰宅するために新幹線に乗り込むのですが、正直あんまり覚えて無くてww

乗った途端に早く帰りたい・・・!と自宅大好き人間(別名出不精)を発揮して、疲れてみんなして眠りこけてました。

 

帰宅してから上野で買ったカツサンドを食べて、息子をお風呂に入れてさくっと就寝。

 

 

色々思い返してみたけど、やっぱり子連れで下調べなしは今後なしですね。

商店街もう少し楽しみたかったし、そういう意味でベビーカーは割と邪魔だった。

とはいえ、ベビーカーないとこっちが疲れちゃうから一長一短かあ。

 

今度旅行行くときはもう少し下調べしてから行くことにします( ◜௰◝  )

っていうか、一人旅したい欲が少し出てきちゃったなあーーーーー

また何かあったらお付き合いください。それでは。

 

最後までお付き合いくださってありがとうございました。