山椒は小さいけどむすぺろには辛い

むすぺろの趣味ブログ

山椒は小さいけどむすぺろには辛い

旧ドラえもん映画より、細かすぎて伝わらない名シーン《アニマルプラネット編》

お題「キッズ向け作品・映画」

 

こんにちは、むすぺろです!

さて、前回に引き続き、旧ドラえもん映画の、細かすぎて伝わらない名シーンをお届けします。

 

実は昨日、鉄人兵団編を投稿した後に見返して、なんでこんな狙った記事書いちゃったんだろう?!と、ほんのちょっぴり後悔しました。

 

あ、後悔はしたんですが反省はしてないので今日もこのネタで1本書こうと思いますへへへ。

 

※以下ネタバレが入りますのでご注意ください

 

前回の記事↓まだの方はこちらからどうぞ。

長い前置きがあります。

www.mskprpr.com

 

この記事はブロガー同士の緩いつながりを応援するヒャッハー委員会へ投稿します。

 

今回の作品《ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)》

 

旧ドラえもんならではの《環境破壊》について強く訴えた作品で、好みが分かれるかもしれません。二足歩行の動物がかわいい!のと、ニムゲ(地獄星に住む地球人型宇宙人)が怖かったのを覚えています。

 

《のび太とアニマル惑星》あらすじ

突如として部屋の中に現れたピンクのモヤを通って、動物たちが二足歩行してお喋りをする世界にやってきたのび太たち。そこで知り合った犬のチッポと、アニマル星が高度な文明を築けた理由である、神話の真偽を確かめようと、禁断の森へ探検に出ようとする。しかし、ニムゲによるアニマル星侵略が始まり・・・。

1990年に公開された長編映画11作目。

 

細かすぎて伝わらない名シーン

 

1:ジャイアンの生命力
禁断の森でニムゲと遭遇し、逃げた先で、川に落ちて溺れてしまったジャイアンをゴリラが救出してくれたのだが、ゴリラの息子とジャイアンが瓜二つだったせいか、お父さんゴリラは"禁断の森"に近づいたとして、息子(ジャイアン)を躾けるために拳を振り上げた。

「あれぇ?どうした。このくれぇで伸びるとは、弱虫めが」

f:id:mskprpr:20180525014507j:plain

(引用元:(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1990:ドラえもん のび太とアニマル惑星)

 

人はゴリラに殴られて伸びるだけで済むのか?

 

動物になりきる《動物ごっこ帽子》という道具によって、それぞれの動物が持つ特徴を行使することができるのですが、作中、ゴリラに扮したジャイアンは自身と同じくらい大きい岩を投げ飛ばしています。

それを考えると例え本気じゃなかったとしても、ゴリラのお父さんからもらった一撃で死んでもおかしくなかったのでは・・・みたいなことを子供ながらにぼんやり考えたシーンです。

 

2:動物が喋る系映画では珍しく意思のある魚類
新年パーティを開いていたところに、禁断の森から逃げたスネ夫が溺れて沈んできた。顔を見てキツネだと思い、親魚達が「ひょっとして溺れたんじゃないかしら?」と救助する際に、魚の子供が言った一言

「新年早々間抜けな"人"だね」

f:id:mskprpr:20180525014510j:plain

(引用元:(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1990:ドラえもん のび太とアニマル惑星)

 

ここで言う「人」は《性格》だとか《人格》を言ってるんだろうけど、キッズだった私は「人って言っちゃったじゃん!」と、この台詞が台本的に間違いじゃないのか?大丈夫なのか?って気になって気になって仕方なくなってしまったシーン。

 

それにしても、動物が喋る系のストーリーで動物も魚類も喋ることってあんまりないような気がします。熊が主役だと捕食対象の魚類が喋るのは倫理的に良くないか。

そう言う意味で言うと、アニマル惑星に住んでいる動物の食べ物は全部工場で生産されてるものだから、魚が喋っても「あ、こいつ食べられちゃうんだな」とか考えなくて済むのかも知れないですね。

 

3:僕は狸じゃない!!!
動物達と合流し「たぬき君もよくご無事で」と労ってくれたトラに、「僕はネコなんです!いつもタヌキタヌキって失礼な!」と、いつもどおりの掛け合いをしたドラえもんに食い気味で反応してしまうタヌキ

「タヌキのどこが腹立つ?」

f:id:mskprpr:20180525014513j:plain

(引用元:(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1990:ドラえもん のび太とアニマル惑星)

 

この後、ドラえもんが「そういう意味じゃ」って言い訳して、そこでもタヌキが「じゃどういう意味だ?」って詰め寄るやり取りがあるのですが、子供心に「すごい気まずいやつだ!!!」と、感情移入しすぎて地味に拳に力が入ってました^q^

 

しかし、ドラえもんはなんでこんなにタヌキを毛嫌いしているんだろう。

というか、毎回毎回言われるのが嫌なんだったら最初の挨拶の時に「僕、猫型ロボットのドラえもん」って紹介したらいいのに(^o^)

ああでもドラえもんの世界の人、皆素直だから「猫型ロボット?タヌキかと思ったよ」ってぶっこんでくるもんな・・・。

 

大人になった今だからこそ、ドラえもんを。

 

さて、前回に引き続き《ドラえもんの細かすぎて伝わらない名シーン》について執筆*1しておりますが、紹介した以外にも、大人になってから見るとクスりと笑えるようなシーンがあるので、もしよかったらみなさんも探してみてくださいね!

 

今回もAmazon Prime Videoで視聴しました。

 

それでは、今回はこのへんで。

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

*1:執筆って書くと毎回そんな大層なもんじゃねえだろwwwwwwって言うもう一人の自分がいます。自己評価低い低い^o^