山椒は小さいけどむすぺろには辛い

むすぺろの趣味ブログ

しんどすぎて無理だったので息子を預けてみた

こんにちは、むすぺろです!

唐突なんですけど、本当に無理!ってなっちゃいました…

育児…

 

つらくてつらくて…

なにがつらいって、息子のことはもちろん愛してるんですけどね?

何もかも思い通りにいかないことや意思疎通できないことのストレスがすごくて…!

 

義母に預けた

うちの夫はサービス業をしているので割と激務なんです。

朝は8時に出て、夜は22時以降。下手したら日付が変わってから帰宅することもあります。

いや激務すぎるんだよなあ~~~~~~

しかしこういう家庭が今は多いんですよね…。

 

なんなら早々に職場復帰してバリバリ働きながら子供を見てるというお母さんもいる中で、本当に何を甘えてるんだてめえはって言われても仕方ないなって思うんですけど、本当に、本当に心がしんどくてですね…!

作ったものを全てひっくり返された時にもう、感情が爆発する前になんとかしなきゃって思って。

f:id:mskprpr:20200307125928j:plain

余裕がない!

両家の実家は新幹線の距離(在来線でも2時間くらいかかる)なので、おいそれと預けにいくことができません。

頑張ればできるんだろうけど、なんだか預けることも抵抗があって…。

出来ない=母親失格かな?!みたいなことを思ってしまうというか。

 

自分以外のお母さんがそんなこと言ってたら絶対に「そんなことない!失格なんかじゃないよ、いいお母さんだよ!!!」って思うし声をかけるのに、自分のこととなると駄目ですね。

元からない自尊心が邪魔して、誰にも頼れない気になってしまっていたのです。

 

そんな状態を心配した夫が交渉して、義母に子供を預かってもらえることになりました。(私は義母を尊敬しており、少なくとも不仲ではないと思っています…相手がどうかわからないけど)

 

子供といかない場所に行ってみることに

 

息子を預けてからはできるだけ夫と過ごしたいなと思っていました。

なんだか一人になるのが怖くて。

それで、その日は夫が行くというので、普段はあまりいかない大衆浴場に行ってみたんです。

いわゆるスーパー銭湯ですね。

 

本当は、大衆浴場というか、温泉施設が苦手でして…。

誰かに見られてるかも!とか、そういう自意識過剰なことではなくて、施設のマナーやルールも書いてること以外にありそうだし(暗黙のルールってやつ)、それで誰かを不快にさせたり怒られたりするのが怖くて。

 

そんなだから疲れを癒やしにきたはずの銭湯でガチガチに緊張…。

f:id:mskprpr:20200307133340j:plain

コミュ症ここに極まれり

ありもしない敵に怯えてビビりまくっていたのですが、なんとかお風呂に浸かることができました。

 

お風呂同士が隣り合ってるところってどうしてお湯が混ざらないだろうって疑問だったんですが、仕切られてるところに排水口がついてるんですね!仕切りに近寄って気づきました。

それでそこにお湯が流れて混ざらないようになっているの。

知恵~~~~~!!すごい。感動。

 

 

自分以外の子連れを見ていたら…

 

お風呂に浸かってたら、ふいに「息子を預けて温泉だなんていい身分だな」と、頭の中に意地悪な思考が通り抜けていきました。

きっとそう思われたくなくて不安だったんだと思います。

 

そんなことを考えていたら、小さい男の子を連れたお母さんが入ってきたんです。

片手に哺乳瓶を携えて。

 

それで「えっなんで哺乳瓶?」と思うよりも先に、その男の子が哺乳瓶に口をつけ…そのままお風呂の中で飲み始めたのです…!(中身は多分お茶)

 

一瞬・・・というか、かなり面食らってしまって。ギョッとした顔してたと思う。

でも周りのお婆さん達は「微笑ましいなあ」みたいな顔してて、お母さんは全然気にして無くて。 

 

えっそれは、ありなの?!って。

f:id:mskprpr:20200307143703j:plain

個人的にはなしだよ!!!!

それを見たら、息子のこと、なんでこんなに悩んでたんだろうって笑えてきちゃいました。

 

普段息子と二人でいるから、私がしっかりしないといけない、完璧に躾けなきゃいけないってどこかで思ってしまって余裕がなかったんでしょうね。

その時やっとこ自分の状況に気付いたくらいですから。

 

”良い母親”に囚われすぎている

f:id:mskprpr:20200307145706j:plain

自分を追い詰めているのは…

こんな私にも友達がいて、私が育児で詰まると「よくやってるよ」「いいお母さんだよ」と言ってくれるんです。

「子供が言うことを聞かないのは、お母さんに甘えてるからだよ」とも。

 

そうやって張り詰めた糸を緩めようとしてくれてるのに、自分で糸を引っ張ってたんだなぁと今では思います。

でも、そんなに引っ張ってたらいつか切れちゃいますからね。

ほどほどにしなきゃなぁとしみじみ思ったのでした。

 

 

おしめえ

今回は最近の気持ちの色々を吐き出してみました。

鬱々としてるようだけど、全然そんなことはなくて、割と前向きです。

預けておいてやっぱり息子が恋しくて、寝る前に息子の枕の匂いを嗅いでる自分がいます。(かなり落ち着きます)

 

この気持や預けている時の心境を綴って、少しだけど心の整理がついた…かな。

子育てに正解はないという言葉を真に受けて、のんびりやっていこうねと気持ちを新たにしたところです。

 

長くなってしまったけど最後までお付き合い頂きありがとうございました(´◡`)

それではまた!